カラーメンタルセラピー体験ワークショップ
ストレス原因となる“フリクション(摩擦)”に
そっと潤滑油を注いであげるメンタルケアのスキル
 



 
まずは東京や神奈川を中心に行われている体験ワークショップにご参加ください
 
 
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


   「 何となく憂鬱... 」

   「 あまり楽しいと感じない... 」

   「 生きづらいさを感じる... 」


   あなたやあなたの大切な人は、そう思っていませんか?
   または、治療院やサロンに来るクライアントさんにそう感じたことはありませんか?


   「 毎日がつらい  というほどではないけれど、
   もっと元気に楽しく過ごせたら...


   現代は、そんな人たちで溢れています。



   心身の不調の原因は、“ ストレス  と言われますが、
   その前段階では何が起こっているのでしょうか?


   これを  フリクション(Friction=摩擦)  に例えると
   とてもわかりやすくなります。


   学校や職場など、周りの環境や人間関係、
   時には、親や兄弟姉妹など、家庭環境の回転が、
   自身の回転と違う場所に身を置かなくてはならないことが多々あります。


   そんな時、誰もが  フリクション  が起こらないよう、
   自身の回転数を調整しながら日々過ごしています。


   ところが、そのギャップが大きすぎると  フリクション  が生じ、
   やがて、それが  ストレス  となり、
   その結果、身体や心に不調(歪み)を起こしてしまうのです。



   さまざまな社会問題や健康問題への不安、身の回りの不調和音...


   それに加え、SNSでは、YesかNoか、賛成か反対か、正しいか間違っているか、

   常にジャッジを問われ、“ 心身疲労難民  がどんどん増えています。


   




、の  ストレス  という表現は、カナダのセリエ博士が1936年の学説発表で、
   物質が歪む時にかかる外力を表す  ストレス  
   外的刺激に対する身体や心の反応にあてはめたのが始まりです。


   では、“ ストレス  で歪む前段階でケアすることが、
   最も安全で大切なことではないでしょうか。


   いも、物質がそうであるようにでももし、“ ストレス  によって身体や心が歪むような状態が、
   多くの人たちが抱える不調の原因だとしたら、
   時にかかる外力を表す  ス「 ストレスは誰にでもあるから仕方ない 

   

   でも、この  歪む  前段階がいうイメージが、

   「」段階でのケアが最も安全で重要なことではないか...

と感じていたからです

「  」治療院業界・サロン業界同様、供給過多となっている歯科業界...


   その中で、歯科治療の技術研鑽を重ね、誰よりも患者様に向き合い、
   精度の高い治療を続けた、あるドクターに湧いた疑問、


    「 なぜ患者さんは善くならないのか? 」


   それから長年に渡り、さまざまな知識と情報を分析して辿り着いた  真実   

 

   一方、整形外科・整骨院などでの勤務経験を積んだ末に独立した柔道整復師。


   その経験から、治療院に来院する多くの患者様が抱える “ 歯のトラブル ” にも、
   確固たる根拠はないがごく自然に対応していた。

 

   この 「削らない歯医者」で有名な歯科ドクターと、
   すでに経験値から、“歯のトラブル”に対応していた治療家が出逢い、
   『デンタルバランス療法』が誕生しました!


   その価値と可能性を探るべく、オープンコンソーシアムを開催します。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


  【ファシリテーター】


  歯科医師 井出 徹 先生

井出デンタルクリニック 院長
1955年、長野県佐久市生まれ。
1980年、神奈川歯科大学卒業。
2012年、「2012年版 日本の歯科100選」に選出。
 
<プロファイル>
 「とにかく削らない」で有名な銀座の歯科医。
 原因不明の歯痛を訴える多くの「歯科難民」たちの積年の悩みにTMD(側頭下顎部障害)
 という症状が潜んでいるという視点から、既存の歯科の常識にとらわれることなく、
 エクササイズやストレッチなどの理学療法を加味した独自の連携治療で解消し続けている。
 
<著書>
 『歯科医が書いた 歯医者に行かなくてすむ本』内外出版社
 『ちょっと待って その歯の痛み、8割は削らなくても治ります』すばる舎
 
 

  柔道整復師 小此木 佑介 先生

湘南fuji整体 代表
1981年、栃木県足利市生まれ。
2008年、東京柔道整復専門学校卒業。
 
<プロファイル>
 整形外科、接骨院勤務を経験した後自由診療の整体院を開業。勤務時代から「顎関節」や
 その周辺筋に着目し治療を行う。
 現在整体院では、検査測定機を用いてホリスティックに診ることに重きを置き、
 筋骨格のみならず、歯のトラブルを始め、メンタル自律神経やパニック症、
 原因不明の不定愁訴や顎、顔の痛み等幅広く対応。
 
<院外活動>
 ◆JCCA日本体質ケア協会 代表
 ◆鎮痛療法指導士
 ◆ラジオパーソナリティ(レディオ湘南「ちがっと!ラジオ!」)

 
 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


  【アジェンダ】


 
      1.歯科治療の現状
   2.歯科症状を改善するには
   3.デンタルバランス療法誕生ヒストリー
   4.なぜ柔道整復師なのか
   5.ワークショップ
   6.デンタルバランス療法師認定講座の紹介  
    ※内容・順番が変わることがあります。                      
 
 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


     【日  時】2019年421日() 13:30〜17:00
 
     【会  場】東京「神田駅」から徒歩圏内
              ※ZOOMでのご参加も可能です。
              ※詳細ははご参加の方にお知らせします。
 
     【参  費】無料
 
     【お申込み期限】2019年4月8日(月)
 
     【お申込み方法】下記フォームを送信してください。