PD(パニック症・パニック障害)ケアアドバイザー
かとうよういち
【無料】オンライン(ZOOM)
PD(パニック症・パニック障害)ケアセミナー


  PDのつらさは、決して症状だけではありません



   【イラ立ち】 働かなくてはならないが、今まで通りにできない... 

   【落ち込み】 自身を責めたり、できなくなったことで自信喪失...

   【ジレンマ】 分かってくれない、でも言えない...

   【自己矛盾】 今の環境に違和感を感じながらも、そこしか居場所がない...



  強烈な症状迷走するメンタルの間で、
  毎日「余命1日」を宣告されているような日々を送っているのです。


  そんな本当につらい方を寛解に導くサポートをしたいと思いませんか?





  PDを寛解・克服に導くには...

  よく言われる 「 セロトニン不足を充足すればいい 」 というわけではありません。


  また、投薬やカウンセリングで克服に導くことは難しいケースがほとんどです。


  もちろん、
  姿勢や歪みを整えるといった安直なものでもありません。


  それには、
  “ 3つの起因 ” によって、 身体・習慣・環境・メンタル といった
  多面的なサポート をすることが必要なんです。




  申し遅れました。

  私は、PD(パニック症・パニック障害)ケアアドバイザー かとうよういち と申します。


【出身】東京都江戸川区
【資格】◎上級心理カウンセラー ◎カラーメンタルセラピスト
    ◎整体師 ◎体質ケアアドバイザー ◎ヒプノセラピスト
    ◎コアトラAD ◎スポーツケアトレーナー
【所属】◆NPO法人日本機能性イオン協会 理事
    ◆カラーメンタルセラピスト協会 創始者
    ◆日本体質ケア協会 理事 ◆株式会社ルーパル 代表取締役


【拙著】
 『うつ・自立神経失調症 なぜあなたに起こっているのか』
【専門誌掲載】
 『肩こり腰痛患者から神と呼ばれる治療家たち』
【教材DVD】
 『かとう式鎮痛療法』※約2000人が学び4つの医学会で採用




  アイドルや有名人のカミングアウトにより、最近、注目されている PD(パニック症・パニック障害) 

  先日もNHKや日テレでも、特集として取り上げられていました。


  PDの生涯罹患率は、2〜3%といわれています。
  (病院に行っていない人や自覚していない人を合わせると、実際はその何倍もいると実感していますが...)


  つまり、あなたの出逢う 50 人に 1人 罹患者or経験者or予備軍と言うこです。

  意外に多いと思ませんか?




  実は ...


  多くのPDの方はそれを隠すので、周りの人はもちろん、家族でさえ気付いていないこともあり、
  独りで耐えている ことも稀ではありません。


   「 このま死んでしまうのではないか... 」
「 また起こったらどうしよう... 」


  PDのつらさや怖さを例えるなら...
  毎日 “ 余命1日 ” の宣告を受けている状態です。




  医療機関や治療院では、PDの原因として、
  “ セロトニン不足 ” を指摘されていることが大多数です。


  でもそれは、要因であって、原因ではありません


  PDの真の原因は、3つに分類 でき、そこから本能的な防衛反応としてPDが起こり、
  その常態化により、“ ある個所 ” が疲弊した結果、セロトニンが減少し、
  さらなる体調の悪化を憎悪させてしまう ...


  それが本質です。




  PDの寛解・克服法として、そのほとんどが、セロトニンを強制的に調整する投薬や、
  セロトニンを増やす施療・栄養指導と見受けます。


  間違いではありませんが、それだけでは片手落ちと言わざるを得ません。


  つまり、『 セロトニンを減らす要因 』 に対応することを同時に行わなければ、
  鼬(いたち)ごっこになり、寛解・克服には向かわないのです。


  また、カウンセリグだけで寛解・克服を目指すのも難しいことは、
  想像に難くないと思ます。




  ただ、PDは決して一生続くことありません


  「 性格が変わった 」と思れるくらい、PD寛解後は、
  本来の自分らしい生き方を手に入れる人生のターニングポイトになっている方がほとんどです。




  このPD難民救済を本質的にサポートする人を増やしたい...
  そんな想いから、今回のセミナーを企画しました。


  あなたも、サポートする側になりませんか?




 






 
  この勉強会で、あなたが得られるものは...

   ◎ PDの真の原因(3つの起因)を知ることができます。
   ◎ PDを発症する機序が理解できます。
   ◎ どうすれば寛解に向かうのかが分かります。
 
  それだけではありません!

   ◎ PDの方の特徴が分かるので、本質的なサポートができるようになります。
   ◎ 重篤な症状につながるリスクをアドバイスできるようになります。 
 
  さらにまだあります!!

   ◎ PDケアを習得すると、仕事として取り組むことができます。
   ◎ 本当に困っている方の役に立てる、新たな役割を得るきっかけになります。 
 





あなたに、この勉強会でPD難民救済のバトンをお渡しします!!




〜・〜・〜・〜・〜・〜 ZOOM無料勉強会 開催要項 〜・〜・〜・〜・〜・〜

 
     【日  時】2019年106日() 20:00〜21:00
 
     【参加方法】スマホorタブレットorパソンで当日お送りするURLから
          ※URLはご参加の方にお知らせします。
 
     【参  費】無料
 
     【お申込み期限】10月3日(木)
 
     【お申込み方法】下記フォームを送信してください。
             ※本名ではなくハンドルネームでのお申込み可能です。